アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年6月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

    歯の矯正治療

    歯の矯正を行う際に最大のネックとなるのは、見た目が派手な矯正装置です。歯の矯正は子供の頃に行うことがほとんどで...

    Readmore

    歯並びが悪いと

    皆さん、歯に自信はおありでしょうか。自信と言っても様々な自信があると思いますが、ここでは歯並びについて記したい...

    Readmore

    一般歯科と矯正歯科

    歯が痛くなると、大抵歯医者さんに行くかと思います。歯医者さんでは虫歯を治してくれたり、入れ歯を作ってくれたり、...

    Readmore
歯列矯正を行う

矯正歯科とは、歯並びを整えることに特化した診療科です。
虫歯や歯周病の治療を行う一般歯科とは違い、「八重歯を治したい」など患者の歯の見た目に対するコンプレックスを解消する診療科です。
また、矯正治療では歯並びを治すことで得られる効果が数多くあるのも魅力の1つです。
例えば、笑顔がより素敵になることに加えて、頭痛や肩こりが軽減されることがあるのです。
歯の噛み合わせが悪いと顔回りの筋肉が上手く機能せず、口よりも上側にある頭、下側にある肩に悪影響を及ぼすと考えられています。
もし頭痛や肩こりにも不安がある方は、矯正で治るかもしれません。
そうなると一度の治療で二つの効果を得られますから、一石二鳥でお得に感じられますね。

治療の流れについて

実際の矯正治療では多くの段階がありますので、大まかな流れをご紹介します。
流れは相談、検査、診断、矯正治療、保定、定期観察となります。
相談から診断までの流れは一般歯科と同様です。
患者の悩みを聞き、調べてみて、今後どのような治療方針で治療を行うのかを話し合います。
ただし、矯正治療は長い間続きます。
相談から診断までが約数か月、矯正治療に約3年、保定に約3年かかりますので、トータルで約6年半かかります。
長丁場の治療になりますので、診断の段階で疑問点を残さないように、納得できるまで医師と話し合いましょう。
治療方針などで医師に不安が残る場合は、セカンドオピニオンを行い、別の矯正歯科にかかる方が賢明です。
それほど診断では医者選びを丁寧に行いましょう。

矯正治療について

矯正治療の段階では、矯正装置というものを使います。
施設の中で医師が装置を使って治療するのではなく、自分自身が歯に矯正装置をつけて治療するのです。
この矯正装置は金属性のものが多く、歯に一つ一つ部品を付けて繋げ、歯を引っ張って整える装置です。
治療の間は1日中装置をつけたまま過ごすことになります。
しかし保定の段階に進むと、装置を付けるのは夜間のみとなることが多いので、矯正治療の時よりも過ごしやすくなります。
保定の段階というのは、歯の元に戻ろうとする習性を抑えるための段階です。
なので、装置を付けるのは治療後の歯列が確立されるためにサポート程度の時間です。
最後に、定期観察を終えると治療は完了です。
前述の通り、歯には習性があるので、もし治療した歯列が元に戻ってしまった場合には、また医師に相談しましょう。
矯正治療は長期間に渡りますが、治療後の人生をその分輝かせることが出来ます。
歯並びでお悩みの方はぜひ、一度矯正歯科に行ってみてはいかがでしょうか。

オススメリンク

治療の注意点

ただ、歯並びを矯正する際には注意点があり、まず挙げられる注意…Read more

歯の矯正治療

歯の矯正を行う際に最大のネックとなるのは、見た目が派手な矯正…Read more

関連リンク